社会と女性の価値観

社会

 

なぜ、女性は好きになる男性が異なるのでしょうか?

 

もし本能で好きになる相手の特徴が決まっているなら、特定の男性が一人勝ちしてもおかしくはないですよね。

しかし、現実では「女性の本能条件の塊のような男性」が一人勝ちするのではなく、様々な男性と恋愛しています。

 

その理由は一般的には「好み」や「性格的な相性」などと言われていますが、これは不正確であり、

より正確に言えば

「社会が異なるから」

です。

 

実は、この「社会」こそが恋愛の在り方を決めていると言っても過言ではなく、

「社会」の仕組みを理解することで、恋愛をさらに深く理解することができます。

 

社会のかたち

社会とは、言わば「群れ」のことです。

 

生き物の目的は「生き延びること(および死のリスクを下げること)」であり、その為にも

「資源を手に入れやすくなること」「配偶者を見つけやすくなること」「リスクを下げること(主に外敵に襲われにくくなること)」

が重要となりました。

 

そこで、一部の動物は生き延びる可能性を少しでも高める為に「群れ」を成しました。

たとえば、イワシ、アリ、ペンギン、ミーアキャット、ハイエナ、ゴリラなどです。

 

人間においても同じで、より生き延びる確率を高める為に群れを形成しました。

 

大昔で言えば「部族」ですが、

 

現代では、自分の子供を守る為の群れが「家族」

自分を守る為の群れが「友達グループ」

その土地の民が資源や配偶者や居場所で争わないようにする為の群れが「国」

のような形です。

 

また、人間においては様々な形の群れを形成しました。

 

たとえば、勉強を教える人と学ぶ人が集まった群れが「学校」

目的を達成したい人と目的達成を助けることで資源を恵んでもらう人が集まる群れが「会社」

地方のお得な情報を教える人と教えてもらいたい人が集まった群れが「ツアー」

1つの目的を協力したり共有したりして楽しみたい群れが「趣味グループ」などです。

 

この他にも、人間の世界には様々な形の群れ(社会)が存在します。

 

 

社会の意識

群れには2つの重要な意識がありました。

1つは「群れのトップ」の意識、もう1つは「群れの仲間たち」の意識です。

 

群れに属する人々はその群れから追い出されないようにする為にも、これらの意識に従う必要がありました。

 

たとえば、家族のトップは父親(母親の場合もある)であり、父親の決めたルールや言うことに従わなければならないと感じます。

このようなルールはあらゆる社会に存在します。

 

社会とルール(暗黙の了解も含む)の一例

家族:「食べ終わったお皿は流し台に持っていかなければならない」「ゴミをどこにでも捨ててはならない」「他人に迷惑をかけてはならない」など

友達:「約束をやぶってはならない」「友達の好きな人をディスってはならない」「途中で勝手に帰ってはならない」など

学校:「9時までに登校しなければならない」「ゲームを持ってきてはいけない」「勝手に授業を抜け出してはならない」など

会社:「平日は出社しなければならない」「社内でナンパしてはいけない」「休む際は職場に連絡しなければならない」など

国:「人の物を盗んではいけない」「ゴミをポイ捨てしてはいけない」「順番は守らなければならない」など

 

 

この際、男性の場合は、群れから追い出されても生き延びれる可能性があるため、社会のルールを守ろうとしなかったり軽んじたり反発したりする個体が比較的多いのですが、

女性の場合は、社会から追い出されると生きる上で非常に不利になることから、社会のルールを守ろうとする個体の比率が男性に比べて圧倒的に多くなります。

 

男女におけるルールに対する意識の違い

 

・男性

常識やルールを守らなかったり破ろうとする個体が多い

男性の方が協調性がない個体が多い、反社会的な個体が多い、犯罪率が高い

 

・女性

常識やルールを守ろうとする個体が多い

女性の方が協調性が高い個体が多い、他人に共感しやすい、犯罪に対して厳しい

 

 

また、社会的なルールは若い個体ほど軽んじやすく、経験を積んだ個体ほど重要視するようになります。

 

たとえば、新卒社会人は「髪は好きな色に染めたい」「有給は好きなタイミングでとればいい」「残業なんかせずに定時になったら帰る」と考えていることが多いですが、

社会経験が10年、20年と長くなっていくと、「周りに悪く見られないように髪は黒色にしよう」「有給は会社の人に迷惑がかからないようにとろう」「同じ職場の人が残業をしていたら自分もなるべく残るようにしよう」という考えに変わっていきます。

社会に属し、社会の人々と接していく中で、社会の人々が良いと思っていることや悪いと思っていることに自分も少しずつ合わせるようになっていくのです。

 

このことを知ると、若い人ほど「社会に染まることは悪いこと」「自分は影響を受けないようにしよう」などと考える傾向がありますが、それは経験不足ゆえの反発心であり、

そもそも社会に合わせるということは、自分の個性を失うということではなく、個性を生かす場所を得るということであり、

反発するということは、個性を生かすということではなく、個性を生かす場を殺すということになります。

 

ここからが重要なのですが、

そうすることで女性に好かれるようになり、彼女ができます。

 

その理由がこれから話す「価値観」の作られ方にあります。

 

価値観

人によって考え方や好み、価値に対する評価の仕方は異なります。

これらを総じて「価値観」と言います。

 

そして価値観は厳密には人生経験における感情との関連付けによって形成されていくのですが、

その感情に大きな影響を与えるのが「社会の意識」になります。

 

簡単に言えば、「他人が良いと思うものを自分も良いと思い、他人が悪いと思っているものを自分も悪いと思う」のです。

 

たとえば、お金、豪邸、スーパーカー、ロレッ○ス、ルイ・ヴ○トン、ハワイ、スカイダイビング、刀、ディ○ニー、神戸牛、黒色の服、エナジードリンクなどなど、

あなたが何かに対して価値があると思っているのは、誰かがそれに対して価値があると思っているからです。

 

もう少し具体的に言えば、「日本円」に価値があるのは日本円に価値があると思っている人にだけであり、

全ての人が「日本円」に価値がないと思えば、日本円に価値は無くなります。

 

わかりやすいイメージとして、大昔にタイムスリップして原始人に「日本円」と「毛皮」を見せれば、どちらを選ぶと思いますか?

全ての原始人が毛皮を選ぶことは想像に難しくないはずです。

 

アートも、レアカードも、ピカピカの石も、流木も、甲子園の砂も、価値があると思っている人にとっては価値がありますが、興味のない人にとっては何の価値もありません。

 

つまり、価値というものは自然界で決まっているわけではなく、個人が自分でそう思っているだけであり、

個人がそのように思うのは、その人の周りの人々=属する社会の人々がそう思っているからになるのです。

 

 社会の人々の価値基準(価値観) ⇒ その社会に属する人々の価値基準(価値観)

 

価値観の形成

○○に価値があると感じる ⇒ 自分が属する社会の人々がそれに価値があると考えているから

 

 

女性の好み(価値観)の形成 = その女性の接する人々の好み(価値観)による影響

影響の一例:その女性の父親の好み、その女性の母親の好み、その女性の兄弟姉妹の好み、その女性の友達の好み、その女性の学校のクラスメイトの好み、その女性の学校の先生の好み、その女性がよく見るテレビ番組に出ている人々の好みなど

 

・実際の一例

母親がキムタクが好き + 友達がモコミチが好き ⇒ キムタクやモコミチのようなルックスを価値が高いと感じるようになり、それに近いと感じるルックス、動き、声、性格などを好むようになる

※ただし、現実ではもっとたくさんの人々の影響を受ける。また、感情による判断によっても変化する為、単純に「親が好き=子が好き」とは限らない

 

これは対象が物だけでなく人の場合にも起こり、

たとえば芸能人が人気があるのは、ルックスがいいからなどの要因もあるのですが、それ以上に「その人の周りの人々から人気があるから」ということが非常に大きいと言えます。

 

わかりやすく言えば、ある女性の母親がジャニ○ズを好きならジャニ○ズを好きになり、友達がエグザ○ルを好きならエグザ○ルを好きになり、クラスメイトがB○Sを好きならB○Sを好きになるということです。

 

クラスで人気のある男子が人気なのは人気があるからであり、

女友達の彼氏を好きになるのも、その女友達がその彼氏のことを好きだからです。

 

 

余談:社会的地位について

社会的な地位が高い(肩書がある)とモテると説明している恋愛理論を見かけることがありますが、これは不正確であり、

正確には良い肩書を持っているからモテるというわけではなくて価値があると感じるからモテます。

わかりやすく言えば、「社長」と言えば好かれるのではなく、社長と言うことで相手に「すごい」と思われたら好かれやすくなる、ということです。

つまり、相手に「すごい」と思われれば別に肩書がなくても好かれやすくなりますし、「社長」「モデル」「芸能人」などと言っても相手がすごいと思わなければ効果はないということです。

 

 

人気の本質

 

あなたがただ女性とセッ○スしたいだけであれば、

適当な方法で人気を集め、寄ってくる女性に対して夫としての条件を見せれば、即日セッ○スできるでしょう。

実際に、人気の芸能人や人気のバンドマン、人気のDJ、人気のyoutuber、人気のインストラクター、人気の店員などは、たくさんの女性をお持ち帰りしています。

 

そして、人気は集め方さえ知っていれば誰にでも集められます。

別に芸能人やバンドマンである必要はありません。

ルックスも特技も必要ありません。

不細工だろうと、デブだろうと、コミュ症だろうと、無職だろうと関係ありません。

方法を知り、実践すれば、誰にでも美女を抱くことは可能です。

 

つまり、美女とセッ○スすることは誰にでも可能なのです。

(実際に詐欺的な手法で女性を騙してセッ○スしている男性は世の中にたくさんいます)

 

しかし、その女性と付き合っていくとなれば話は別です。

付き合っていくということは、好かれ続けるいうこと。

人気を集めるなどの小手先のテクニックでは、セッ○スをすることはできても、愛され続けることは不可能です。

 

では、どうすれば愛され続けることができるのでしょうか?

その答えは「人気=好きの本質」にあります。

 

社会の意識によって影響された価値観 = 他人が好きだから自分も好き

ではなく、

社会に関係なく好きだと思える人 = 自分が好きだから好き

 

という人はどんな人物でしょうか?

 

優しくて、頼りになって、前向きで、素直で、ネガティブなことを言わなくて、言い訳しなくて、決してこちらのことを否定しなくて、下心無くこちらを好いてくれる…

そんな人ですよね?

簡単に言ってしまえば「人間性」の高い人。

つまり、本当の意味で人間性を高めれば自然と人に好かれるようになるということです。

 

女性に心から愛されるようになるためにも、

小手先のテクニックを身に着けようとするのではなく、

本物の魅力である「人間性」を身につけてください。

 

あなたが周りの人を好きになり、大切にすることで、

あなたも周りの人から好かれるようになり、女性との恋愛も自然と上手くいくようになるのです。