社会と女性の価値観

社会

 

なぜ、女性は好きになる男性が異なるのでしょうか?

 

もし本能で好きになる相手の特徴が決まっているなら、特定の男性が一人勝ちしてもおかしくはないですよね。

しかし、現実では「女性の本能の権化のような男性」が一人勝ちするのではなく、様々な男性と恋愛しています。

 

その理由は一般的には「好み」や「性格的な相性」などと言われていますが、これは不正確であり、

より正確に言えば

「社会が異なるから」

です。

 

実は、この「社会」こそが恋愛の在り方を決めていると言っても過言ではなく、

「社会」の仕組みを理解することで、恋愛をさらに深く理解することができます。

 

 

社会のかたち

 

社会とは、言わば「群れ」のことです。

 

生き物の目的は「生き延びること(もしくは死のリスクを下げること)」であり、その為にも

「資源を手に入れやすくなること」「配偶者を見つけやすくなること」「リスクを下げること(主に外敵に襲われにくくなること)」

が重要となりました。

 

そこで、一部の動物は生き延びる可能性を少しでも高める為に「群れ」を成しました。

たとえば、イワシ、アリ、ペンギン、ミーアキャット、ハイエナ、ゴリラなどです。

 

人間においても同じで、より生き延びる確率を高める為に群れを形成しました。

 

大昔で言えば「部族」ですが、

 

現代では、自分の子供を守る為の群れが「家族」

自分を守る為の群れが「友達グループ」

その土地の民が資源や配偶者や土地で争わないようにする為の群れが「国」

のような形態です。

 

また、人間においては3つの目的だけでなく、それぞれの目的に合わせた群れを作ったり所属したりしました。

 

勉強を教える人と学ぶ人が集まった群れが「学校」

目的を達成したい人と目的達成を助けることで資源を恵んでもらう人が集まる群れが「会社」です。

 

この他にも、人間の世界には様々な形で群れ(社会)が存在します。

 

 

社会の意識

 

群れには2つの重要な意識がありました。

1つは「トップ」の意識、もう1つは「群れの仲間たち」の意識です。

 

群れに属する人々はその群れから追い出されないようにする為にも、これらの意識に従う必要がありました。

 

たとえば、家族のトップは父親(母親の場合もある)であり、父親の決めたルールや言うことに従わなければならないと感じます。

このようなルールはあらゆる社会に存在します。

 

社会とルール(暗黙の了解も含む)の一例

家族:「食べ終わったお皿は流し台に持っていかなければならない」「ゴミをどこにでも捨ててはならない」「他人に迷惑をかけてはならない」など

友達:「約束をやぶってはならない」「友達の好きな人をディスってはならない」「途中で勝手に帰ってはならない」など

学校:「9時までに登校しなければならない」「ゲームを持ってきてはいけない」「勝手に授業を抜け出してはならない」など

会社:「平日は出社しなければならない」「社内でナンパしてはいけない」「休む際は職場に電話しなければならない」など

国:「人の物を盗んではいけない」「ゴミをポイ捨てしてはいけない」「順番は守らなければならない」

 

 

この際、男性の場合は、群れから追い出されても生き延びれる可能性があるため、社会のルールや暗黙の了解を守ろうとしなかったり軽んじたり反発したりする個体が比較的多いのですが、

女性の場合は、社会から追い出されると生きる上で非常に不利になることから、社会のルールや暗黙の了解を守ろうとする個体の比率が男性に比べて圧倒的に多くなります。

 

男女におけるルールに対する意識の違い

 

・男性

常識やルールを守らなかったり破ろうとする個体が多い

男性の方が協調性がない個体が多い、反社会的な個体が多い、犯罪率が高い

 

・女性

常識やルールを守ろうとする個体が多い

女性の方が協調性が高い個体が多い、他人に共感しやすい、犯罪に対して厳しい

 

 

社会的な決まりは男性や若い個体ほど軽んじやすく、女性や経験を積んだ個体ほど重要視するようになります。

 

たとえば、新卒社会人は「髪は好きな色に染めたい」「有給は好きなタイミングでとればいい」「残業なんかせずに定時になったら帰る」と考えていることが多いですが、

社会経験が10年、20年と長くなっていくと、「周りに悪く見られないように髪は黒色にしよう」「有給は会社の人に迷惑がかからないようにとろう」「同じ職場の人が残業をしていたら自分もなるべく残るようにしよう」という考えに変わっていきます。

社会に長く属し、社会の人々と接する中で、そういったことが社会の人々に良くないと思われていることを知ると、自分も少しずつそう考えるようになっていきます。

つまり、経験が長くなるほど社会的な意識(この場合は善悪の判断)に合わせようとするのです。

 

このことを知ると、若い人ほど「社会に染まることは悪いこと」「自分は影響を受けないようにしよう」などと考える傾向がありますが、それもやはり若さゆえの反発心であり、

上記のような考え方の変化はむしろ素晴らしいものです。

 

なぜなら、人間には「仲間は大切にしよう、敵は無下にしよう」という本能があるのですが、

社会経験を積むことで仲間の範囲が「友達」から「社会の人々」に広がるからです。

 

若いうちは仲間の意識の範囲が狭く、友達しか大切にできない人が多いのですが、

社会に長く属することで、職場の人々や周りの人々は仲間であると認識することができるようになり、

そういった人たちに対して友達と同じように接することができるようになるのです。

 

つまり、社会経験を積むことで「友達を嫌な気持ちにさせない」「友達に合わせる」から「職場の人たちを嫌な気持ちにさせない」「周りの人たちに合わせる」という考え方にレベルアップするのです。

だからこそ、社会の人々に嫌われにくくなっていくのです。

 

逆に、社会の人々を大切にできない人は、社会の人々からも大切にされず、女性にもモテません。

 

なぜなら、女性には前述したように「(自分が社会から追い出されない為にも)社会のルールは守らなければならない」という本能があるため、

社会から追い出されるような行動をとる男性を敬遠する傾向にあるからです。

 

わかりやすく言えば、コロナ過になってみんなが「マスクをつけた方が良い」という意識になっているご時世に「マスクなんて付けなくていいでしょ」といった発言をするような男性を嫌うということです。

 

女性に不必要に嫌われない為にも、協調性を持つことが大切です。

 

 

価値観

 

人によって考え方や好み、価値に対する評価の仕方が異なります。

これらを総じて「価値観」と言いますが、価値観はどうやって作られているのでしょうか?

 

実は、価値観は「感情」と「社会の意識」によって形成されています。

 

人は快感に感じたものを自分にとって価値があるとし、不快感を感じたものを自分にとって価値が無いとする本能的な判断力を持っているのですが、

今回はこちらはひとまず置いておき、「社会の意識」による価値観への影響を説明します。

 

その社会における人々の意識がその社会に所属する人々の価値観に大きな影響を与えます。

端的に言えば、「他人が価値があると思っているものを自分にとっても価値があると思う」という本能を持っています。

 

これは、人間が生き延びる上で有利になる為には仲間の協力を得る必要があり、仲間の協力を得る為には仲間にとって価値があるものを自分が利用する必要があるからなのですが、

 

本質はさておき、仕組みをお話しすると、

おかね、豪邸、ヘリクルージング、ルイ・ヴ○トン、フェ○ーリ、スカイダイビング、刀、ディ○ニー、米津○師、鬼滅○刃、黒色の服、エナジードリンクなどなど、

あなたが何かに対して価値があると思っているのは、誰かがそれに対して価値があると思っているからになります。

 

たとえば、「金」に価値があるのは世界の多くの人が金には価値があると思っているからであり、

みんなが金には価値が無いと考えれば、金に価値は無くなります。

 

わかりやすいイメージとして、金に価値があると思われていない時代の原始人に「金」と「毛皮」を見せれば、どちらを選ぶでしょうか?

おそらく、ほぼ全ての原始人が毛皮を選ぶでしょう。

なぜなら、その時代の人々は誰も金に価値があるとは思っていないので、物々交換にも使えず、持っていても使い道がないからです。

 

1万円札も日本円に価値があると思っている人の間にだけ価値があり、現実的には「紙」です。

カードゲームのレアカードも価値があると思っている人には何万円もの価値がありますが、興味のない人にとってはゴミでしかありません。

ピカピカの石も、流木も、甲子園の砂も、価値があると思っている人にとっては価値がありますが、興味のない人にとっては何の価値もありません。

 

つまり、価値というものは自然界で決まっているのではなく、その人の見方によって決まっているのですが、

その人がそのように見るのは、その人の周りの人=属する社会の人々がそう見ているから、そう見るようになっていったのです。

 

社会の人々の価値基準(価値観) ⇒ その社会に属する人々の価値基準(価値観)

 

価値観形成の一例

日本円に価値があると感じる ← 日本の人々※がそれに価値があると考えているから ← 日本という社会に所属しているから

 ※正確には日本円に価値があると感じる人々で構成された社会になるが、わかりやすいように日本で考えると良い

対戦ゲームに価値があると感じる ← 友達がそれに価値があると考えているから ← 友達グループという社会に所属しているから

店員にはお礼を言うことが大切と感じる ← 家族がそれに価値があると考えているから ← 家族という社会に所属しているから

 

もっとわかりやすく言えば、

人が○○が好き(○○に対して価値を感じる)なのは、

その人が接している人々=家族、友達、学校のクラスメイト、職場の同僚、よく見るテレビ番組に出演している芸能人などの人々が○○に対して価値を感じているからです。

 

女性の好み(価値観)の形成 = その女性の接する人々の好み(価値観)による影響

影響の一例:その女性の父親の好み、その女性の母親の好み、その女性の兄弟姉妹の好み、その女性の学校のクラスメイトの好み、その女性の学校の先生の好み、その女性の友達の好み、その女性がよく見るテレビ番組に出ている人々の好みなど

 

実際の一例

母親がキムタクが好き + 友達がモコミチが好き ⇒ キムタクやモコミチのようなルックスを価値が高いと感じるようになり、それに近いと感じるルックス、動き、声、性格などを好むようになる

※ただし、現実ではもっとたくさんの人々の影響を受ける。また、感情による判断によっても変化する為、単純に「親が好き=子が好き」とは限らない

 

 

なお、社会における価値観は所属する人々の価値観の形成に影響を与えるだけでなく、感情にもダイレクトに影響を与えます。

わかりやすく言えば、その社会で価値があると感じられているものを、無意識的に自分も好きになるということです。

身近な例で言えば、クラスで人気のある男子を好きになりやすく、職場で人気のある男性がモテやすく、人気のある芸能人がモテやすい、などがそれにあたります。

 

 

余談:社会的地位について

社会的な地位(肩書)が高いとモテると説明している恋愛理論を見かけることがありますが、これは不正確であり、

実際にモテる要素は「良い肩書を持っている」ではなく「価値を感じる」になります。

つまり、社長や医者や芸能人であればモテやすいというわけではなく、

人気のある人がモテやすく、社長や医者や芸能人は人気を得やすいということです。

 

×良い肩書を持っていればモテる

○人気があると思われればモテる

 

 

人気の本質

 

「人気があればモテるのか。なら人気を集めよう」

 

セッ○スすることが目的であれば、その通りです。

人気を集め、寄ってくる女性に対して夫としての条件を見せれば、即日セッ○スできるでしょう。

実際に、芸能人やバンドマン、DJ、youtuber、学校の人気者などは、たくさんの女性をお持ち帰りしています。

 

そして、人気は集め方さえ知っていれば誰にでも集められます。

別に芸能人やバンドマンである必要はありません。

ルックスも特技も必要ありません。

不細工だろうと、デブだろうと、コミュ症だろうと、無職だろうと関係ありません。

方法を知り、実践すれば、誰にでも美女を抱くことは可能です。

 

つまり、美女とセッ○スすることは誰にでも可能なのです。

 

しかし、その女性と付き合っていくとなれば話は別です。

付き合っていくということは、好かれ続けるいうこと。

人気を集めるなどの小手先のテクニックでは、セッ○スをすることはできても、愛され続けることは不可能です。

 

では、どうすれば愛され続けることができるのでしょうか?

その答えは「人気の本質」にあります。

 

社会の意識によって影響された価値観 = 他人が好きだから自分も好き

ではなく、

社会に関係なく好きだと思える人 = 自分が好きだから好き

 

という人はどんな人物でしょうか?

 

優しくて、頼りになって、前向きで、素直で、ネガティブなことを言わなくて、言い訳しなくて、決してこちらのことを否定しなくて、下心無くこちらを好いてくれる…

そんな人ですよね?

 

つまり、本当の意味で人間性の高い人は自然と人に好かれるようになるということです。

 

小手先のテクニックを身に着けようとするのではなく、

本物の魅力である「人間性」を身につけてください。

 

あなたが周りの人を好きになり、大切にすることで、

あなたも周りの人から好かれるようになり、女性との恋愛も上手くいくようになるのです。