恋愛の仕組み②男としての価値

 

※①~③が3つの段階です。本講座では恋愛成熟後の④も加えて説明しています

 

①出会い:仲間としての条件の判断

 

「①出会い:仲間としての条件の判断」はこちら

 

 

②興味を引く:男としての価値の判断

 

②-②~④男としての価値(個体的価値)

 

出会った女性があなたを敵では無い+同種族だと判断した場合、

女性は本能的にあなたが子孫を残す相手になりえるかどうかの審査を開始します。

つまり、「オスとしての価値」が高いかどうかを確認し始めます。

(仲間としての条件にキレイに当てはまらなくても男としての価値の審査は行われるが、仲間としての条件にある程度当てはまらなければ付き合いを続けようと思われないので、価値を高く評価されたとしてもその場限りやワンナイトで終わりやすい)

 

たとえば、身長が高かったり身体が大きいことは身体能力の高さを示唆するので女性に好かれやすく、髪の毛や肌が綺麗なことは生命力の高さを示唆するので女性に好かれやすくなります。

また、狩猟採集=仕事を一生懸命している姿を見せたり、良質の食物が豊富な場所=美味しいご飯屋さんに案内したりすることも狩猟採集能力の高さを感じさせるので女性に好かれやすくなります。

 

逆に身体が小さい、髪の毛や肌が汚いなどは生命力の低さを示唆し、

仕事をしなかったり、小汚くて雑多なご飯屋さんに案内したりすると狩猟採集能力の低さを感じさせるので女性に好かれにくくなります。

(余談ですが、「安いご飯屋さんに連れて行くと女性は大切にされていないと感じるからよくない」という恋愛情報を見かけますが、それは不正確であり、正確にはご飯屋さんに連れて行くことで「そのオスが良質な餌場を知っているかどうか(狩猟採集能力、男としての価値)」「良質な餌を手に入れることができるか(狩猟採集能力、現代的に言えば経済力、男としての価値)」「自分にコストを費やしてくれそうか(夫としての価値)」などを評価されることになる為、これらをクリアできるのであれば「安い」ご飯屋さんでも問題ありません。たとえば「ラーメンが大好きでこれまでに100軒以上のお店を開拓したことがあるけど、その中でも特に美味しくて自分が一番好きなラーメン屋があるから、今日はどうしてもそのお店に案内したい」というテイでラーメン屋に連れて行き、女性が「知らない」ラーメン屋かつ「美味しい」と感じれば、「安い」ラーメン屋でも問題ありません)

 

お金を持っているほど好かれやすくなる理由の1つに、お金を持っていることが狩猟採集能力の高さの証明と感じさせるからであり、

裏を返せば、狩猟採集能力の高さをお金以外で感じさせることができるなら、たとえお金を持っていなくても女性に好かれることは可能です。

(ただし、現代の人間社会においてお金は必然的に重要視されるので、お金が価値判断の基準の一因となりやすい。なお、価値基準は個体の人生経験に由来することになるので、お金をどの程度アピールすべきかは相手による。わかりやすく言えば、お金を重要視する相手には経済力をアピールすることが有効であるし、お金を重要視しない女性に対して経済力をアピールする必要はない。なお、自分の経済力に見合わないアピールは続かないので自分に合ったアピールの仕方が大切と言える。さらに言えば、本質的にはお金ではなく相手に刺さる自分の魅力をアピールしていくことが大切になる)

 

他にも、前向きな態度をするほど男としての価値が高いと感じ、

後ろ向きな態度をするほど男としての価値が低いと感じます。

 

(余談ですが、前向きな発言やポジティブ思考は非常に有効であり、恋愛において最も有効な魅力の1つと言っても過言ではありません。実際の効果の例としては、お笑い芸人コンビのぺ○ぱは元々正統派漫才をしていたけれど全く人気が出ず、次にHIPHOP漫才をしましたがそれでも全く人気が出ませんでしたが、今の前向きなツッコミに芸風を変えたところ、一気に人気になりました。それほどまでに前向き発言は人の心に刺さりやすいのです)

 

このように、男としての価値が高いと感じるほど「子孫を残す相手に向いている」と感じ(好きという感情が高まり)

男としての価値が低いと感じるほど「子孫を残す相手に向いていない」と感じて興味を失うため、

女性に異性として好かれたいのであれば、必ず「男としての価値」を魅せることが大切です。

 

 

実践の一例

 

・髪の毛や肌が綺麗であることを示す

トリートメントを使う、女性に会う時は髪の毛をスタイリング(セット)する、洗顔後は化粧水や乳液を使うなど

 

・前向きであることを示す

前向きな発言をする、前向きに切り返す、楽しそうに夢を語るなど

 

・力が強いことを示唆する

重い物を軽そうに持つ、固いフタを簡単そうに開けるなど

 

・狩り(仕事)ができることを示唆する

物事には真剣に取り組む、一人暮らしする(していることを示唆する)、乗用車を持つ(持っていることを示唆する。軽四はNG)など

 

※上記はテクニックではなくライフスタイルです。

 

 

②-②~④社会での価値(社会的価値)

 

個体としての価値の審査と同時に社会的な価値の見定めも行われます。

これは社会的な動物は社会的な地位が高いほど生存に有利になるからです。

その為、社会的な価値が高いと感じさせるほどほど女性に好かれやすくなります。

 

たとえば、仲間=友達が多いということは社会的価値の高さを示唆するので女性に好かれやすく、多くのファンを持つことも社会的価値の高さを示唆するので女性に好かれやすくなります。

また、会社で重要なポストに就いている、部下から慕われている、収入が多いなども社会的価値の高さを示す為、女性に好かれやすくなります。

 

逆に友達が少ない、無職やフリーター、部下に嫌われている、収入が少ないなども社会的な価値の低さを示唆する為、女性に好かれにくくなります。

(余談ですが、そのことを理解している男性はナンパする際に「友達との予定がなくなっちゃって…」「この後、友達と会う予定なんだけど…」などと言って友達がいることを示唆します。ホームパーティーをする男性がモテるのも多くの人間から慕われていることをホームパーティーで示唆するからです)

 

女性があなたに「仕事は何をしてるの?」と聞いてくることがありますが、

これはあなたの社会的価値を審査しているからであり、

この質問が出た時点で「こちらを審査している=こちらにある程度興味がある」ということになります。

(ただし、この質問に対する回答の仕方を間違えて、せっかく興味を持たれていたのに興味を無くされてしまう男性は多い)

 

 

余談ですが、社会的な価値が高いほど競争率も高くなる為、

基本的には自分の自信(社会的価値の自己推測)に比例した相手を求めようとします。

 

たとえば、自分に自信がある女性ほど肩書を重要視し、

あまり自信が無い女性は肩書を重要視しない傾向があります。

 

また、自信がある女性ほど年収の高さを重要視しますが、

あまり自信が無い女性は年収をそれほど重要視しません。

(余談ですが、自信は本人のスペックではなく、親の接し方や社会での経験によって作られます)

 

 

実践の一例

 

・仕事を一生懸命頑張って出世する(役職であることを示唆する)

・職場の仲間を大切にして慕われる(慕われている姿を見せる)

・イケメンの友達と一緒に活動する

 

 

②クリアのサイン

 

こちらに価値を感じる毎に相手は「脈ありサイン」を出します。

明確な脈ありサインが3種類~5種類以上出たら②男としての価値の段階はクリアとみなして③夫としての条件に進んでいいでしょう。

ただし、男としての価値の審査は一生続くので、この先も常に示し続けることが大切です。

(結婚後に女性が浮気する原因の1つに、男としての価値が下がって魅力を感じなくなり、他の男の種を求めるというものがある)

 

 

(なお、恋愛をより確実にする為には投資というテクニックを使用するのですが、ここではテクニックを身に付けるのではなくライフスタイルを改善することによって女性に好かれやすくしていくことを目的としているため、今回は割愛します)

 

 

③関係性を築く:夫としての条件の判断

 

「③関係性を築く:夫としての条件の判断」はこちら

 

 

④交際

 

「④交際」は「③関係性を築く」で解説しています。

 

※本講座の内容は生徒と差別化する為に最低限の説明となっています