モテる為に必要な時間と費用について

 

恋愛が苦手な人ほど

「自分には才能がない」

「自分には無理なんじゃないか」

と考えたりしますが、そんなことはありません。

この記事を読めば、あなたにも素敵な彼女を作ることができるようになるということがわかると思います。

 

 

モテる為にかかる時間について

 

恋愛に限らず、何らかの技能を伸ばす為には相応の時間がかかります。

 

たとえば、あなたがちゃんと歩けるようになるまでにどれくらいの時間がかかっていると思いますか?

 

いつの間にか歩けていると思っているあなたは、

「たいした練習もしていないのに歩けるのだから誰でもできることだろう。恋愛とは違う」

と考えているかもしれません。

 

けれど、人間は本能的に立ち上がり歩こうとするために無意識的な練習を積み重ねて歩けるようになっているのであって、

生まれた時から歩ける人間は存在しません。

 

思い出してみてほしいのですが、小学生の頃はよく躓いたり転んだりしませんでしたか?

これは「歩く」という技能がまだ十分に習得できていなかったからです。

その証拠に、大人になった今では躓いたり転んだりすることはほとんどなくなりましたよね?

 

人間はおよそ1歳程度から歩く練習を開始します。

そして毎日毎日練習し、中学生の頃にはほとんど躓くことなく歩けるようになります。

仮に躓くことがなくなるのが13歳とすれば、1歳から13歳までの12年も歩く練習をしていることになります。

 

登下校、学校での運動、放課後に友達と遊ぶ、家の中で動くなど、歩くのに使った時間を1日2時間とすれば、

その総時間は実に「8760時間」です。

(2時間 × 365日 × 12年 = 8760時間)

 

つまり、「上手に歩く」という技能を手に入れるまでに8760時間を費やしているのです。

 

 

歩くことに限らず、あらゆる技能は

 

技能(成果)の高さ = 質(環境の質や知識の正確性) × 量(実践量)

 

になります。

 

何かの技能を持つ人がいれば、例外なく相応の実践量によって身に付けているのであり、

「天才(生まれつき技能の備わった者、実践量ゼロ)」は存在しません。

(体質や環境によって特殊な能力が発達することがあるが、本質から外れるので除外)

 

天才という言葉は自分が理解できないことを都合よく解釈した人が作った言葉であり、

現実ではそんな都合の良いものは存在せず、

そこに至る為には必ず「相応の実践量」を要します。

 

生まれてすぐ歩けるようになる人はいませんし、

生まれてすぐ自転車に乗れる人もいません。

 

大きくなってから初めて自転車に乗った時に比較的早く乗れるようになる人がいるのは、

その人がそれに関与する能力(バランスなど)を別の実践(スポーツや平均台など)によって向上させているからであり、

やはり相応の実践を行っているからなのです。

 

そして、たいていの人が自転車に乗る練習をしたと思いますが、

1日目よりも2日目、2日目よりも3日目、3日目よりも1年後の方が上手に乗れましたよね。

 

これは自転車に限らず、歩くのも、走るのも、字を書くのも、箸を使うのも、

野球をするのも、絵を描くのも、ピアノを弾くのも、料理するのも、陶芸するのも、

どんなことでも長く続けるほど上達していきます。

 

あの有名な野球選手も、アイススケーターも、音楽家も、料理家も、全員がとても長い時間を費やしています。

だからその領域にたどり着けているのです。

 

それと同じで、モテる人はモテるようになるまでに相応の時間がかかっています。

モテる人のモテに寄与する活動時間

 

ルックス改善(筋トレ、美容室、セットの練習、眉毛を整える、無駄毛の処理、脱毛、ファッション雑誌を読む、コーディネイトを考えるなど):30分/1日

衣類の買い物:6時間/2週間

女性との話題の取得(テレビ、映画、漫画など):1時間/1日

男友達との付き合い(出会いを増やす為の友達付き合い):6時間/1週間

恋活動(合コン、飲み会、アプリ(メッセージを含む)、相席、恋活パーティー、イベントなど):8時間/1週間

女性との接点(クラスメイトや職場、女友達、店員、出会いなど。会話、連絡、デートなど):8時間/1週間

合計: 約5時間/日  ⇒  10年で18250時間

 

上記のように、モテる男性たちは平均して1日あたり約5時間ほどが恋愛に関係する活動時間になっています。

30歳でモテている男性が25歳からモテる為の行動を始めたとすれば、

30歳までの5年間で「9125時間」を使ってきたと言えます。

(5時間 × 365日 × 5年 = 9125時間)

だからある意味でモテて当然なのです。

 

「それなら学生の頃にモテる男性はなぜ?」

学生の頃に「環境的にたまたまモテているだけの男子」と「すでにモテる技能が備わった男子」がいます。

前者の男子は環境的にモテていただけで技能が備わっているわけではない=環境が変わればモテなくなるので技能が備わっているわけではなく、

後者の男子は幼稚園や小学校の頃から異性と頻繁にコミュニケーションをしたり、女友達や親戚の女子と遊ぶなど自発的に異性と接したり、ファッションについて両親や姉妹に教えてもらったりしているので、

仮に恋愛に寄与した時間が1日2時間程度としても5歳からの15年なら10950時間を使ってきていると言えます。

だからモテるのです。

 

このように、歩くことやスポーツ、楽器の技術などと同じく恋愛の上達にも相応の時間が必要になるので、

もしあなたが「自分には才能がない」と悩んでいるのであれば、

それは単純に「恋愛に使った時間が短い(これまでの人生で恋愛に時間を使っていない)」だけであり、

これから相応の時間をかけて訓練していけば必ず上達させることができます。

 

はっきりと申し上げます。

可愛い彼女を作ることは誰にでも可能です。

誰にでも。

どれだけ不細工だろうと、コミュ障だろうと、五体不満足だろうと、関係ありません。

相応の時間をかけて、相応のレベルまで技能を上達させれば、誰にでも作れます。

まずは意識的に恋愛を訓練する時間を作っていきましょう。

 

 

補足として、例外的にレイルの恋愛指導が日本で唯一3ヶ月で彼女を作れるようにできるのは、最も正確な恋愛理論を用いて、最も効率の良い方法によって実践していくからです。

つまり、

技能(成果)の高さ = 質(環境の質や知識の正確性) × 量(実践量)

の「質(環境の質や知識の正確性)」を最高レベルに高めることができるから、可能となるのです。

 

レイル以外ではここまで質を高めることは不可能なので、

もしあなたが独学、独力でモテるようになりたいのであれば、

上記のモテ男性の活動を参考にしながら、最低でも3年は恋愛活動を続けてみてください。

そうすれば、少しずつモテるようになっていくでしょう。

 

モテる為にかかる費用について

 

「恋愛を上達させる為にお金をかけるのはおかしい」

「タダで恋愛を上達させることはできる」

と思っている人が一定数いますが、

 

「野球を上達させるのにお金をかけるのはおかしい」

などと考えているプロ野球選手はいませんよね。

 

プロの選手や一流を目指す人ほど

家トレで済まそうとする(無料)ではなくジムに通ったり(有料)、

壁打ちで適当にしようとする(無料)ではなくバッティングセンターに通ったり(有料)、

我流で何とかしようとする(無料)ではなくコーチを雇って正しい道を教えてもらったり(有料)していますよね。

 

できるだけお金をかけないようにと制限をかけてしまえば、成長することは難しいですし、

逆に成長に必要な出費を思い切って使えるからこそ、実践の質を高めることができ、大きく成長することができているのです。

 

メジャーのイチ○ー選手が幼少期の頃にバッティングセンターに通っていた話は有名ですが、

能力の高い人は必ずと言っていいほど質(環境の質や知識の正確性)の高い実践を行っています。

 

これはスポーツに限らず、

たとえば勉強でもより良い大学を目指す為に教材を買ったり塾に通ったりしますし、

音楽でも一流の音楽家は幼少期の頃から家庭教師を雇ったりしていますよね。

 

実践の質を高める為には相応の費用がかかるものです。

 

実際に、モテる男性も女性との接点にお金を惜しまずに使っているからこそ成長しモテるようになっています。

モテる男性が恋活の為に使っている費用(指導を受けずに実践量によってモテるようになった一般的な男性として)

 

恋活費用(合コン、飲み会、アプリ、相席、恋活パーティー、イベントなど):4万円/月

女性とのデート代:8万円/月(モテる男性の最低値。女性とのデートに月に20万円以上使っている男性もザラにいます)

合計: 12万円/月  ⇒  1年で144万円

 

上記のように、モテる男性たちは平均して1ヶ月あたり約12万円ほどが恋愛に関係する出費になっています。

30歳でモテている男性が25歳からモテる為の行動を始めたとすれば、30歳までの5年間で恋愛活動に「720万円」を使ってきているのです。

(月12万円 × 12ヶ月 × 5年 = 720万円)

 

事実として、

「なるべくお金を使わないようにしてこれまで女性とほとんど接することがなかった男性」と、

「合コン、飲み会、相席居酒屋、恋活パーティー、イベントなどにガンガン参加してたくさんの女性と接し、たくさんの女性とデートして長い時間を女性と一緒に過ごしてきた男性」では、

どちらの男性の方が女性との接し方が上手いかは一目瞭然ですよね。

 

さらに、モテる男性はモテる為に自分磨きをしているので、実際の出費は上記ではききません。

モテる男性がモテる為に使っている費用

 

美容室(散髪、カラー、パーマ、スタイリング、トリートメント)、エステ、美容整形(髭や全身の脱毛、ホクロ除去):1万円/月(エステやホクロ除去はあくまで一例であり、それらをしない人で少なめ換算して月に1万円です)

コンタクト、化粧水、乳液、トリートメント、ヘアワックス類、毛穴パック、制汗剤、美容道具(カミソリやハサミなど)など:5千円/月

モテる為の雑費:5千円/月

衣類:5万円/月(モテる男性の平均値。月に10~20万円使う人もザラにいます)

友達との付き合い費用:4万円/月(モテる人は友達が多く4万円以上の出費はザラですがここでは少なめにみてます)

合計: 11万円/月  ⇒  1年で132万円

 

「恋活(恋愛能力を向上させる実践時間)費用」「自分磨き費用」

仮に20歳からモテる為の活動を始めたとして、現在30歳でモテている男性はこれまでに

(恋活費用:月12万円+自分磨き費用:月11万円) × 1年(12ヶ月) × 10年 = 2760万円

を投資してきているということになります。

 

これを聞いて「誇張じゃない?」と思う人はそれだけの行動をしてきていない=モテない人であり、

モテる男性の多くはこのリストを見て「そうなんだよ…マジお金かかるわ」と感じます。

 

ちなみに、モテる(異性に好かれる)為にたくさん投資しているのは男性だけではなく女性も同じであり、

「化粧品・化粧道具」「美容」「エステ・ダイエット」「ファッション」など、男性に好かれる為に様々な投資をしています。

モテる女性がモテる為に使っている費用

 

美容室(カット、カラー、パーマ、トリートメント)、エステ、美容整形(全身の脱毛、ホクロ除去、二重手術、脂肪除去など)、ダイエット(パーソナルトレーナー、サプリメント等):3万円/月(モテ女子の中では少なめに見てます。5万~10万は普通です)

化粧品・化粧道具、カラーコンタクト、化粧水、乳液、クレンジンオイル、シャンプー、トリートメント、ボディソープ、スプレー類、毛穴パック、制汗剤、美容道具(高級ドライヤー、小手、カミソリ、ハサミなど)など:3万円/月(モテ女子の中では少なめに見てます。5万~10万は普通です)

衣類(アクセサリーを含む):5万円/月(モテる女性の平均値。月に10~20万円使う人もザラにいます)

友達との付き合い費用:3万円/月

合計: 14万円/月(モテ女性の中でも投資の少ない部類です。多い女性は月に50万円以上使っています)

 

このように、モテる人たちは相応の努力とコストを投資しているのです。

 

 

可愛い彼女を作れるようになりたいなら、恋愛に対して本気になろう

 

前述したように、モテるようになる(恋愛の技能を伸ばす)には最低でも3年くらい必要ですし、年間に2,760,000円くらいの費用は必要です。

 

この事実を知って、もし「それだけの時間とお金がかかるなら恋愛なんてしなくていいや…」と感じた人は、一度冷静になって考えてみて下さい。

 

あなたの人生にとって最も重要なことは何ですか?

 

理想の女性と結ばれることではないでしょうか?

 

人によってゲームが好き、釣りが好き、テレビが好き、スポーツが好き、漫画が好き、美味しい食べ物が好きなど、

色々なものを楽しいと感じたり気持ちいいと感じたりしますが、

理想の異性と結ばれる快感を超えるものはありません。

 

なぜなら、それこそが「生物にとって最も重要なこと=異性と子孫を残すこと」だからです。

本能的に、異性と結ばれることが「最強の快感」、異性と結ばれないことが「最強の不快感」になっているのです。

 

だから全ての趣味が禁止されたとしても理想の美女と結ばれれば満足できますし、

趣味をどれだけ満喫できたとしても女性と結ばれなければ常にストレスを受け続けることになり、

それによって周りに対して冷たくなって嫌われてしまったり、ガンになったり、犯罪に走ったりします。

そして何年も孤独に過ごし、死ぬ間際には誰もいない部屋で涙を流しながら死んでいくという最悪の結末を迎えます。

 

あなたにはそんな最悪の結末を迎えてほしくありません。

だから、どれだけ時間がかかろうと、どれだけお金がかかろうと、「理想の女性と結ばれる」ということを絶対に実現するべきなのです。

 

そもそも、人間が働いてお金を稼ぐのは、自分が食べる為と「子孫を残す為=異性と結ばれる為」です。

それをケチって他のことに使うということは、本質から外れてしまっているのです。

自分の本当の目的を、自分が働くその意味を、人生で最も大切な目標を見失わないで下さい。

 

そしてあなたが自分の本当の目的を再確認し、努力によって理想の女性が隣にいる人生を実現することができれば、最高の毎日が始まります。

 

ちょっと想像してみてください。

あなたが理想の美女と付き合っているこれからの人生を…

 

春は可愛い彼女とお花見デートしたり

 

夏は可愛い彼女とプールに行ってビキニ姿を眺めたり

 

一緒に水族館に行って可愛い笑顔に癒されたり

 

夜の遊園地で抱き合ったりして

 

お泊りした次の日は優しいキスで起こしてくれる

 

最高過ぎませんか?笑

 

そんな人生を、頑張る全ての男性に実現してほしい。

それが私たちの願いです。

 

 

すでに記したように可愛い彼女を作るにおいて才能は関係ありません。

実践の質と量を高めれば、絶対にあなたにも可能です。

 

「時間をかけずに…」「なんとかタダで…」という考えを持っているのであれば、

今すぐにその非モテマインドから卒業しましょう。

 

スポーツも、音楽でも、恋愛でも、

どんな分野でも能力を伸ばすためには相応の時間(実践量)とコスト(費用)が必要です。

 

自分の一度きりの人生の為に、前向きに投資してみてください。

そうすれば、絶対に可愛い彼女を作ることができるようになるでしょう。

 

その一歩を踏み出せば、最高の人生があなたを待っています。