恋愛の仕組み③夫としての条件

 

※①~③が3つの段階です。本講座では恋愛成熟後の④も加えて説明しています

 

①出会い:仲間としての条件の判断

 

「①出会い:仲間としての条件の判断」はこちら

 

 

②興味を引く:男としての価値の判断

 

「②興味を引く:男としての価値の判断」はこちら

 

 

③関係性を築く:夫としての条件の判断

 

③-③~④夫としての条件

 

あなたの男としての価値が高いほど女性は「子孫を残す相手に向いている」と感じますが、

女性は生まれた子供を育てる必要がある為、男としての価値だけではなく、

「共に育てていく相手に相応しいかどうか=夫としての条件に当てはまるかどうか」を見定めようとします。

 

たとえば、優しくしてくれると夫としての条件に当てはまると感じ、

あまり優しくないと夫としての条件に当てはまらないと感じます。

 

他にも、家の場所を教えてくれると夫としての条件に当てはまると感じ、

家の場所を教えてくれないと夫としての条件に当てはまらないと感じます。

 

 

これらに当てはまるほど女性はこちらに対して信用・安心するようになり、

交際や性交渉を迫った際に受け入れやすくなります。

 

(ただし、例外的にこれを重視しないケースがある。これについては後述の余談)

 

 

実践の一例

 

・相手を手伝ってあげる、相手の食事代を出してあげる

・相手の話に共感を示す、相手が共感することをこちらが話す

・自分の子供の頃の思い出を話す、相手の想い出話を聞き出す

 

 

③クリアのサイン

 

強力に惹くことができれば相手は好意のサインを出してきますが、大抵はそこまでいかない為、

ある程度親密になったらテストをして相手の好意の度合いを確認します。

 

たとえば、相手が自分に会うために予定を調整してくれたり、

カップルで行くような場所に誘ってOKしてくれれば、

好意レベルが高い可能性が高いということになります。

 

(キスを迫ったり手を繋ぐことで相手の反応を見る直接的な方法もありますが、

これは失敗すればそこで関係が終わってしまうギャンブル的手法なのでオススメできません)

 

こういったことを多角的に行い、マイナスがない且つ3回以上成功すれば告白※1をするか「もしテスト※2」を行います。

 

※1告白せずに体の関係に進んだり交際することもできますが、ここではオススメしません

※2もしテストは「もし俺が好きって言ったらどうする?」などと言って相手の反応を見る方法。よくない反応が返ってきても上手く流すことで無かったことにできる

 

例外的ケース

男性側の男としての価値が非常に高く、女性側がその男性の子種を確実に確保したいと感じた場合で、

下心(交尾目的)が見えた場合は意思の確認のみ行い、下心(交尾目的)が見えなければ流れをそのまま受け入れます。

(芸能人などはこれに当てはまりやすい)

その為、女性側がこちらの男としての価値が非常に高いと感じた場合は夫としての条件に当てはまらなくてもセッ○スに至るケースもあります。

 

 

④交際

 

女性は交際後も常にあなたの「男としての価値」と「夫としての条件」を見ていて、

どちらかの価値が低いと判断した時点で、

他にそれぞれの価値(条件)が高い男性と仲良くなろうとします(つまり浮気する)

 

その為、浮気をされたくないのであれば、

交際後も継続して男としての価値と夫としての条件を示し続けることが大切です。

 

 

※本講座の内容は生徒と差別化する為に最低限の説明となっています