恋愛における3つの段階(図解)

恋愛における3つの段階(図解)

※①~③が3つの段階です。本講座では恋愛成熟後の④も加えて説明しています

 

①出会い:仲間としての条件の判断

①-①敵かどうかの判断

動物の特性として、出会った生物が自分に攻撃を加えてくる可能性がある場合は死のリスクが発生することになる為、敵か敵でないかを外見(体つき、身体の形、身体の大きさ、姿勢)や(声の質、声の高さ、声の大きさ)や挙動(目線、口の動き、身体の向き、頭の動き、手の動き、足の動き、動く方向)などから瞬時に見極める必要があります。

人間の女性もそれと同じで、あなたと出会った際に女性はあなたが敵ではないかどうかを目線、身体の向き、表情、挙動、声の高さ、声の大きさ、身振り手振り、動く方向などから判断しますので、それらによって敵意が無いことを示す必要があります。

 

意思を示唆する動き
目線:目線は興味を示唆する為、相手に向けすぎると不快感を与える
身体の向き:身体の向きは攻撃の可能性を示唆する為、相手に向けると不安感を与える
表情:表情は意思を示唆する為、相手に真顔を向けると(真顔は何の意思も読めない為)不安感を与える
挙動:攻撃を示唆する動きは相手を不安にする。また、予測できない動きも危険性を暗示する
声の高さ:高さは状態を表す。ただし、友好は少し高い声によって示すが、男としての価値は少し低い声で示すことになる
声の大きさ:声の大きさは状態を表す。ただし、あまりに大きすぎる声は危険を連想し不快感を与える
身振り手振り:少しの手の動き、脚の動きによっても状態を示す為、相手に安心感を与えるような動きを心がけよう

 

たとえば、初対面の際に正面に相対したり身体を相手の方に向けると相手は本能的に「危険(敵の可能性がある)」と感じて敬遠したいと思うようになるので、相手の方に真正面から向いたり、相手の方に身体を向けることは避けます。

(写真の例で言えば、カフェなどに行った時、基本的に女性は正面から声をかけてこない。これは女性が本能的に相手の正面に立つことが敵対を表すことを理解している為、無意識的に正面に立つことを避けようとするから。あなたも知らない男性に身体を向けられると無意識的に身構えてしまうだろう)

 

身体の向きで言えば、身体が別の方向を向いていれば敵対意識が無いことを示唆することができますし、もしくは身体が相手と同じ方向を向いていることで仲間であることを示唆することができ、これらによって接する時間を確保することができるようになります。

 

実践の一例

・出会い系サイトや合コンで待ち合わせの場合:この場合は目を合わせてしまう+相手の方向に身体を向けてしまうので、代わりに軽い笑顔で近付きながら声が届くギリギリの距離から声をかけながら近づく

・ナンパの場合:正面から話しかけず、ナナメもしくは横から身体を相手に向けずに話しかける

・相席の場合:正面から目を合わせないようにし、一人分ほど離れて同じ向きに座り、身体は相手と同じ方向を向けたまま、顔だけ相手の方に向けて話しかける

 

①-①同種族かどうかの判断

生物が交尾し子孫を残す為の相手は同種族である必要があるので、相手が自分と同じ生き物かどうかを無意識的に判断します。

なお、人間が出会った相手を同種族であるかどうかを判断するのは人間的な形、人間的な挙動であり、あなたが人間である以上は自然とこれに当てはまる為、これに関しては気にする必要はありません。

(ただし、より強く同種族であると認識させたい場合は、似たような服装、似たような言葉使い、似たような行動をすることでより強く同族だと認識させることができる。俗に言う類似性の法則はこれに当たる)

 

①-②仲間であるかどうかの判断

相手がこれから先付き合いをしていく人間であるかどうかは、相手が自分の仲間かどうかで判断される為、仲間としての条件に当てはまれば付き合いを継続しようとし、仲間としての条件に当てはまらなければ付き合いをしようとは考えなくなります。

つまり、付き合い(接点)があるかどうかにおいて、あなたが相手の恋愛対象であるかどうかは関係なく、あなたが相手の仲間としての条件に当てはまれば相手は無意識に付き合いを続けようと感じ、あなたが仲間としての条件から外れていれば疎遠になってしまいます。

(わかりやすい例として、女友達は恋愛対象ではないが付き合いがあると思います。そしてその女友達との関係は幼馴染であったり、同じ学校であったり、同じ職場であったり、同じサークルのメンバーであったり、友達の友達だと思います。居酒屋で隣の席でそこから5年の付き合いだとか、アルバイト中にお客さんとして知り合って友達になったとかはあまりないかと思います。前者は全て仲間としての条件である社会的接点になり、後者は社会的接点ではないからです)

よくある失敗例として、出会った女性と番号交換できたものの結局疎遠になってしまった…ということがありますが、それは男としての魅力が足りていないとか気を惹けなかったとかではなく、仲間としての条件から外れるからであり、たとえ男として魅力的に見られていなかったとしても仲間としての条件に当てはまれば付き合いを続けることは可能です。

(もちろん、男として好かれる為には男としての価値を示す必要がある。ここで言っているのは接点を持つことと異性として好かれることは別物だということ)

 

仲間としての条件の一例としてたとえば、友達の友達であれば付き合いを続けようと思ってもらえるようになり、相手の嫌っているグループに所属していれば付き合いをやめようと思われてしまいます。

たとえば、仲良くなりたい女性が自分の男友達の女友達であったり、仲良くなりたい女性の女友達と友達であれば、その女性に接点を持とうと思ってもらうことができます。

「全く接点の無い女性と知り合った時はどうしたらいいの?」

これも「友達の友達」の応用が可能です。

たとえば、男友達2人で相席バーやクラブに行って女性2人と仲良くなった場合は、お互いの友達を含めて4人でグループラインを作ることで、相手に「私の友達と彼(あなた)の友達は友達」という無意識を作ることができる為、こちらに対して仲間意識が芽生え、無視されにくくなります。

余談ですが、特定の女性を狙う場合はソロよりもグループの方が圧倒的に成功させやすくなります。

 

実践の一例

・相手の言っていることを理解して適切な言葉を返す:コミュニケーションにおいて当たり前のことであるが、これができていない男性が多すぎる。相手が何故そう言っているのか?をよく考えること

・社会的なつながりがあることを示唆する:相手の地元によく行く、相手の知り合いと知り合いなど

・社会的なつながりを作る:グループでラインを作るなど(他にも様々な方法があるが、やり方を間違えるとストーカーだと思われかねないのでここでは他のやり方の説明を省く)

 

①クリアのサイン

①をクリアすると相手は「会話する姿勢」になります。

つまり、相手がこちらと会話する姿勢(ナンパなら立ち止まる、相席ならこちらを見て質問してくるなど)になれば、この段階はクリアです。

 

②興味を引く:男としての価値の判断

②-②~④オスとしての価値

出会った女性があなたを敵では無い+同種族だと判断した場合、女性は本能的にあなたが子孫を残す相手になりえるかどうかの審査を開始します。

つまり、男としての価値が高いかどうかを確認し始めます。

(仲間であるかどうかで仲間に当てはまらなくても男としての価値の審査は行われるが、仲間の条件に当てはまらなければ付き合いを続けてもらえないので、価値を高く評価されたとしてもワンナイトで終わりやすい)

たとえば、お金を持っていると感じると男としての価値が高いと感じ、お金を持ってないと感じると男としての価値が低いと感じます。

(これは相手の感覚が基準となるので、あまりお金を持っていない女性やあまりお金を重要視しない女性に対してはお金持ちをアピールする必要はない)

他にも、前向きな発言をするほど男としての価値が高いと感じ、後ろ向きな発言をするほど男としての価値が低いと感じます。

そして、男としての価値が高いと感じるほど「子孫を残す相手に向いている」と感じ(好きという感情が高まり)、男としての価値が低いと感じるほど「子孫を残す相手に向いていない」と感じて興味を失います。

 

実践の一例

・前向きであることを示す:前向きな発言をする、楽しそうに夢を語るなど

・力が強いことを示唆する:重い物を軽そうに持つ、固いフタを簡単そうに開けるなど

・狩り(仕事)ができることを示唆する:家を持っていることを示唆する、車を持っていることを示唆するなど

 

②-②~④社会での価値

オスとしての価値の審査と同時に社会的な価値の見定めも行われます。

これは社会的な動物は社会的な地位が高いほど生存に有利となるからです。

たとえば、女性があなたに「仕事は何をしてるの?」と聞いてくることがありますが、これは社会的価値を審査しているからであり、この質問が出た時点でこちらを審査している=こちらにある程度興味があるということになります。

(ただし、この質問に対する回答の仕方を間違えて、せっかく興味を持たれていたのに興味を無くされてしまう男性は多い)

 

その為、社会的な価値が高いほど女性に好かれやすくなります。

ただし、社会的な価値が高いほど競争率も高くなる為、基本的には自分の自信(社会的価値の自己評価)に比例した相手を求めようとします。

たとえば、自分に自信がある女性ほど肩書を重要視し、あまり自信が無い女性は肩書を重要視しない傾向があります。

また、自信がある女性ほど年収の高さを重要視しますが、あまり自信が無い女性は年収をそれほど重要視しません。

(余談ですが、自信は本人のスペックではなく、親の育て方や社会での経験によって作られます)

 

実践の一例

・仕事で役職であることを示唆する

・イケメンの友達が多いことを示唆する

・SNSのフォロワーが多いことを示唆する

 

②クリアのサイン

こちらに価値を感じる毎に相手は「脈ありサイン」を出します。

明確な脈ありサインが3つ以上出たら②はクリアとみなして③に進んでいいでしょう。(ただし、③以降でも男としての価値は常に示し続けること)

(なお、さらに確実にする為には投資というテクニックを使用するのですが、ここで投資のテクニックを解説するとややこしくなるので今回は省略します)

 

③関係性を築く:夫としての価値の判断

③-③~④夫としての価値

あなたの男としての価値が高いほど女性は「子孫を残す相手に向いている」と感じますが、女性は生まれた子供を育てる必要がある為、男としての価値だけではなく、夫としての価値(共に育てていく相手に相応しいかどうか)を見定めようとします。

たとえば、優しくしてくれると夫としての価値が高いと感じ、あまり優しくないと夫としての価値が低いと感じます。

他にも、家の場所を教えてくれると夫としての価値が高いと感じ、家の場所を教えてくれないと夫としての価値が低いと感じます。

 

これらに当てはまる(夫としての価値が高いと感じる)ほど女性はこちらに対して信用・安心するようになり、交際や性交渉を迫った際に受け入れやすくなります。

(ただし、例外的にこれを重視しないケースがある。これについては後述の余談)

 

実践の一例

・相手を手伝ってあげる、相手の食事代を出してあげる

・相手の話に共感を示す、相手が共感することをこちらが話す

・自分の子供の頃の思い出を話す、相手の想い出話を聞き出す

 

③クリアのサイン

強力に惹くことができれば相手は好意のサインを出してきますが、大抵はそこまでいかない為、ある程度親密になったらテストをして相手の好意の度合いを確認します。

(キスを迫ったり手を繋ぐことで相手の反応を見る直接的な方法もありますが、これは失敗すればそこで関係が終わってしまうギャンブル的手法なのでオススメできません)

たとえば、相手が自分に会うために予定を調整してくれたり、カップルで行くような場所に誘ってOKしてくれれば、好意レベルが高い可能性が高いということになります。

こういったことを多角的に行い、マイナスがない且つ3つ以上成功すれば告白をするか「もしテスト」を行います。

※もしテストは「もし俺が好きって言ったらどうする?」などと言って相手の反応を見る方法。よくない反応が返ってきても上手く流すことで無かったことにできる

③-③|④夫としての意思の確認

女性がセッ○スするには妊娠するリスクがある為、セッ○スに至る前に女性は「あなたとセッ○スしても大丈夫=あなたに女性と生まれた子供を守っていく意思がある」という確証を得ようとします。

つまり、「セッ○スはちゃんと付き合ってから(男性が責任を取る覚悟をしてから)」と考える為、流れでセッ○スしようとしても「どういうつもりなの?(付き合う=私だけを見てくれる気があるの?)」と確認していきます。

 

実践の一例

・告白する

 

余談ですが、男性側の男としての価値が非常に高く、女性側がその男性の子種を確実に確保したいと感じた場合で、下心(交尾目的)が見えた場合は意思の確認のみ行い、下心(交尾目的)が見えなければ流れをそのまま受け入れます。
(芸能人などはこれに当てはまりやすい)

女性側がこちらの男としての価値が非常に高いと感じた場合は夫としての価値や意思が無くてもセッ○スに至るケースもあります。

 

④交際

女性は交際後も常にあなたの男としての価値と夫としての価値及び意思を探っていて、どちらかの価値が低いと判断した時点で、他にそれぞれの価値が高い男性と仲良くなろうとします(つまり浮気する)

その為、浮気をされたくないのであれば、交際後も継続して男としての価値と夫としての価値及び意思を示し続けることが大切です。

 

 

※本講座の内容は生徒と差別化する為に最低限の説明となっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です